「棚枯れ」とは

すでにライバルせどらーに狩り尽くされ、
仕入れたい商品が全く存在しなくなってしまった
棚の状態のことを指す。

「単C」とは

ブックオフせどりの用語の一つで、
単行本のCランクのことを指し、
108円のコーナーで売られている本のこと。

なお、ランクは買い取った本の状態によって
特AからCまで存在し、単Cより上のランクの
状態の本をプロパーと呼ぶ。


「出し切り」とは

ブックオフのオペレーション用語の一つで、
その日に買い取った商品については
その日のうちに加工して売り場に出すという意味を指す。


「全頭検査」とは

バーコードリーダーやカメラ機能を使い、
棚にあるすべての商品を検索すること。

語源としては、2000年台初頭に話題になった
狂牛病の全頭検査になぞらえて呼ばれているものとされる。


「ストッカー」とは

ブックオフなどの実店舗の棚の下のある、
本やCDなどを保管しておく引出しのこと。


「自己発送」とは

Amazonマーケットプレイスに普通に出品し、
注文を受けたら自分の手で購入者に商品を発送すること。

「FBA」と「自己発送」とで良く区別されている。


「仕込み」とは

セールに先立ち、予めその店舗で
商品のリサーチを行っておくこと。

ライバルのせどらーよりも先に、
かつ安価でその商品を仕入れるための行為。

「古物商許可」とは

中古品の販売をする場合に必要とされる許可証。

各都道府県の公安委員会に申請(申請窓口は警察署)
することで取得することができ、
「営利目的と継続性がある」場合においては
個人であっても取得する必要がある。


「ゴダブ」とは

ブックオフなどの実店舗で
同じ本が5冊ある状態のこと。
要は、5冊のダブリだから”ゴダブ”。

ゴダブの商品は市場に沢山溢れていると判断でき、
仕入れを見送る目安にすることができる。