「ところてん」とは


ブックオフにおける用語の一つで、
プロパー棚の本が増えてきたことで
Bランクの商品が単Cに押し出される様子。

「棚枯れ」とは

すでにライバルせどらーに狩り尽くされ、
仕入れたい商品が全く存在しなくなってしまった
棚の状態のことを指す。

「単C」とは

ブックオフせどりの用語の一つで、
単行本のCランクのことを指し、
108円のコーナーで売られている本のこと。

なお、ランクは買い取った本の状態によって
特AからCまで存在し、単Cより上のランクの
状態の本をプロパーと呼ぶ。


「出し切り」とは

ブックオフのオペレーション用語の一つで、
その日に買い取った商品については
その日のうちに加工して売り場に出すという意味を指す。