「森に返す」とは

全然売れない商品を赤字覚悟でブックオフなどに売って処分すること。

いわゆる不良在庫の処分のことで、限られたスペースを有効に活用するために
いつまでも売れない在庫を抱え続けるのは機会損失になるという考え方から
森に返す判断も大切な要素となる。(株でいう損切りに近い)



「ゴダブ」とは

ブックオフなどの実店舗で
同じ本が5冊ある状態のこと。
要は、5冊のダブリだから”ゴダブ”。

ゴダブの商品は市場に沢山溢れていると判断でき、
仕入れを見送る目安にすることができる。

「焼け(ヤケ)」とは

本や雑誌が長期間日光に当たっていたせいで、
紙の色が変色してしまっている状態のこと。

本せどりの場合、焼けにならないように
保管状態に気をつける必要がある。

ちなみに、Amazonのコンディション説明文でも
使われているので一般的な用語とも言える。